banner

banner banner banner

テンプレートを使う事

HP作成にあたっては、各人のスキルによってホームページの見やすさやクオリティのレベルが異なってきます。HP作成において場合によっては必要となってくるのがHTMLコーディングのスキルですが、誰もがHTMLを駆使できるわけではありません。そこで便利なのが巷で市販されているいくつかのHP作成ソフトです。
HPページ作成ソフトによっては、各人のスキルに合わせて初級、中級、上級、かんたん、スタンダードなど色々な作成モードが用意されています。その中にテンプレートを使った作成モードがあります。テンプレートを使った作成モードを用いれば初心者であっても見栄えの良いページや統一感のあるページが作成可能です。特に後者の統一感という要素は大事です。ブログなどは一様に統一感のあるページとなっていますが、その理由はテンプレート方式だからです。勿論その他に作成者側が簡単に効率良くHP作成ができるというメリットもありますが、ページの統一感の要素の方がメリット的に大きいと言えます。つまり初心者であれ上級者であれ大差なく破綻のない体裁のあるホームページの作成が可能であるということです。
この作成モードにおいては、例えばテーマごとに使用できるテンプレートが豊富に用意されています。ページの構成は例えば以下の様になっています。ヘッダー領域(ページのタイトルを指定)→メニュー領域(本文のタイトル、写真を指定)→本文領域→フッター領域(サイトに共通のフッター用バナーを指定) 写真に関しては、「写真の挿入」と書かれている部分に写真を挿入するだけですから非常に便利です。また写真の他に好みに応じて色々なレイアウト素材を挿入することができます。レイアウト素材は、表、お知らせ、会社概要、アクセスマップなどが用意されています。ページの作成が完了したら任意でページの追加が可能ですし、保存したページを再編集することもできます。また好みによってはブログ風のページも作成が可能でしょう。
もちろん激安のHP制作会社に依頼するのもひとつの手かもしれません。

Copyright(c) 2014 ホームページ制作会社で働くデザイナーのメモAll Rights Reserved.