banner

ホームページ制作におけるウェブページの作り方

ホームページ制作を行う会社は実に多くあります。
そもそも、ホームページ制作と言うのは、インターネットの中にあるウェブページを制作するもので、HTMLと言う言語を利用して記述を行うことがホームページ制作になるわけです。
そのため、ホームページ制作におけるウェブページの作り方と言うのは、HTMLの記述を行うと言う事になるのです。
HTMLと言うのは、タグと呼ばれるものを利用して、ウェブページに表示されるようにするもので、文字の大きさや機能などにより、利用するタグと言うものには多数の種類が有ります。
タグは、「<>」と言う括弧で囲まれているもので、タグの事を要素と呼びます。
また、要素の中には属性というものを設けることが出来るようになっていて、特定の箇所を指定したい時など、ID属性を使うことで、その個所を指定することも出来るのです。
例えば、本文の中に説明書きがあり、その説明の中にある特定の語句についての詳細の説明文を後述している場合などでは、語句に貼られているリンクをクリックすれば、すぐにその説明文の箇所に画面が切り替わるようになっているウェブページが有ります。
これはアンカーと呼ばれるものを属性として埋め込むことでこのような画面の切り替えが出来るわけです。
一例をあげて説明を行うと以下のようになります。
「あいうえお、abc、かきくけこ」と言った文章があり、abcと言う部分にリンクを貼り、この説明文の後半や前半部分にこの語句の詳細の説明が記述されている場合は以下のようにします。
まず、「abc」の説明が記載されている個所には、<a name=”abc_word”>と言ったタグを利用してアンカーを埋め込みます。
そして、「あいうえお、abc、かきくけこ」の部分には、「あいうえお、<a href=”#abc_word”>abc</a>、かきくけこ」と記述を行ってあげれば、「abc」の部分にリンクが貼られ、そこをクリックすれば詳細の文章が記述されている先頭に飛ばすことが出来るのです。
これはあくまでも一例ではありますが、ホームページ制作を行う場合、このようなテクニックを使い、ユーザビリティを向上させることも出来ると言うことなのです。

Copyright(c) 2014 ホームページ制作会社で働くデザイナーのメモAll Rights Reserved.