banner

Archive for the ‘最近の投稿’ Category

ホームページ制作とSEO対策の意味と重要性について

2014-03-03

人はどういう理由でホームページ制作をするのでしょうか。品物を売る、重要な情報を発信する、コミュニティを形成する、といった経済的・社会的な理由が考 えられます。これらのホームページ制作は地域をつなげ、緩やかな輪を広げていく可能性があります。あるいは単に自己満足レベルの趣味や思いつきでホーム ページ制作をする人もいるでしょう。しかしだからといって趣味や思いつきという動機がいけないのではなく、そこから発信する情報をインターネット閲覧者が 重要かそうでないかを決めるだけです。

ホームページ制作は文章を書くことに良く似ています。それは究極的に読者・ホームページ閲覧者を 「説得する」点において目的が同じだからです。以降の考察は、品物を売る・重要な情報を発信する・コミュニティを形成する・趣味・思いつきといった全ての ジャンルにおける全てのホームページのクオリティが同一である、というやや乱暴な仮定の下に話を進めましょう。

制作にあたってはまずコン テンツを充実させることが肝心です。しかしそれだけでは人の目になかなか触れることはできません。閲覧者は当然時間を大切にするので、キーワード検索をし て膨大な件数のホームページをインデックス表示させた時、それら全てを見る訳はありません。ほとんどの場合は検索順位1位のホームページをチェックしま す。そこで満足できる情報が得られたら、2位以下をチェックする必要はないと考えます。ぜんぶで100件のインデックスがあった場合、質的に1位と同等の 他の99件のサイトは存在しないも同然です。もしこれが物販サイトを検索しての結果であれば、1位にならない限りは他の99件は売り上げがゼロであるとい うことになります。したがって99件は検索結果上位を目指すための戦略を練らなければなりません。これがSEO対策です。

一般的にはあり ふれたキーワードの場合は大企業が優位です。そこで弱小の立場としては複数のキーワードをセットにしてニッチな領域を追求するべきです。例えば「サプリメ ント」をキーワードにしても大企業にはかなわないので、「サプリメント+食物繊維」といった具合に対象を狭めます。キーワードが決まればHTMLの titleタグ・hタグ・strongタグに反映させ、ホームページのタイトルもキーワードを上手に織り込んで決定します。これらはSEO対策の基本であ り、検索エンジンに効率的に見つけてもらうことができます。ここまではホームページ作成者にもできることです。

更にSEO対策を強化する には、リンクを他所からたくさん受けることです。そうするとホームページの信頼度が高くなるのです。しかし一般的には難しいので、プロに任せるのが良いで しょう。費用は決して安くありませんが、ホームページが売り上げを増やしていくのでペイできるはずです。また今日では成果型報酬での請負もありますので選 択の幅が広がります。

ホームページ制作におけるウェブページの作り方

2014-01-25

ホームページ制作を行う会社は実に多くあります。
そもそも、ホームページ制作と言うのは、インターネットの中にあるウェブページを制作するもので、HTMLと言う言語を利用して記述を行うことがホームページ制作になるわけです。
そのため、ホームページ制作におけるウェブページの作り方と言うのは、HTMLの記述を行うと言う事になるのです。
HTMLと言うのは、タグと呼ばれるものを利用して、ウェブページに表示されるようにするもので、文字の大きさや機能などにより、利用するタグと言うものには多数の種類が有ります。
タグは、「<>」と言う括弧で囲まれているもので、タグの事を要素と呼びます。
また、要素の中には属性というものを設けることが出来るようになっていて、特定の箇所を指定したい時など、ID属性を使うことで、その個所を指定することも出来るのです。
例えば、本文の中に説明書きがあり、その説明の中にある特定の語句についての詳細の説明文を後述している場合などでは、語句に貼られているリンクをクリックすれば、すぐにその説明文の箇所に画面が切り替わるようになっているウェブページが有ります。
これはアンカーと呼ばれるものを属性として埋め込むことでこのような画面の切り替えが出来るわけです。
一例をあげて説明を行うと以下のようになります。
「あいうえお、abc、かきくけこ」と言った文章があり、abcと言う部分にリンクを貼り、この説明文の後半や前半部分にこの語句の詳細の説明が記述されている場合は以下のようにします。
まず、「abc」の説明が記載されている個所には、<a name=”abc_word”>と言ったタグを利用してアンカーを埋め込みます。
そして、「あいうえお、abc、かきくけこ」の部分には、「あいうえお、<a href=”#abc_word”>abc</a>、かきくけこ」と記述を行ってあげれば、「abc」の部分にリンクが貼られ、そこをクリックすれば詳細の文章が記述されている先頭に飛ばすことが出来るのです。
これはあくまでも一例ではありますが、ホームページ制作を行う場合、このようなテクニックを使い、ユーザビリティを向上させることも出来ると言うことなのです。

よくある質問と回答のページ

2013-12-17

ホームページというのは通常、トップページ以外にも様々なページで構成されています。
たとえば、会社のホームページであれば、社長の挨拶文が掲載されているページや就職希望者向けのページ、会社が作っている製品に関するページなどで構成されています。そういったページに加えて、あると閲覧者にとって便利なページとして「よくある質問」とその答えが掲載されているページがあります。
ソフトウェアを開発、販売している会社のホームページを例に挙げると、ページにアクセスする人の中にはダウンロード販売は行っていないのかとか、ソフトに不具合があったので報告したいが、サポートセンターの電話番号は何番だといった疑問を持つ人もいます。そういう人たちのためによくある質問とその答えのページをWEBサイト制作時に作っておけば、ユーザーを混乱させなくて済みます。
また、会社の代表番号に問い合わせの電話がかかってくるということを減らせるので、そういった点でも有効だと言えるでしょう。
よくある質問とその答えのページの作り方ですが、基本的には、実際にあった質問及び今後予想される質問をサポート担当の社員がリストアップして、それをもとに構成していくという流れになります。
もし、会社のWEBサイト制作を外注するのであれば、早めに原稿を作って、発注時に渡せるようにしておくといいでしょう。そうするとHTMLコーディングもスムーズに、CSSも早く完成することで、出来上がったものの完成品を確認することでより、良いものが完成すると言えるでしょう。
自社でWEBサイト制作を行う場合は、質問と答えのページに検索フォームをつけておくといいでしょう。あまりにも質問及び答えが多いと、閲覧者が自分の疑問が載っているかどうかを探すのが大変だからです。検索フォームを用意しておけば、閲覧者が自分の疑問から特徴的なキーワードを入力することで、望んでいる回答を見つけ出せる確率が高くなります。検索フォームは、検索エンジンサービスが提供しているものをカスタマイズして利用する方法と、WEBサイト制作時に専用のプログラムを組み込む方法があります。

Copyright(c) 2014 ホームページ制作会社で働くデザイナーのメモAll Rights Reserved.